第三者へ寄付するなら公的、個人的に保管する場合は民間へ

血液の病気などで苦しんでいる人のために臍帯血の提供を希望する場合は、公的バンクである「日本臍帯血バンクネットワーク」と提携している病院で出産することが前提となります。

採取された臍帯血とお母さんの血液の検査を行い、赤ちゃんの6ヵ月後の成長を確認した上で、幹細胞の数量などの基準を満たしているものだけが公的バンクに登録されます。

なお、摂取量や細胞数が基準に満たない場合、医療研究用の臍帯血細胞バンクとして参画しているバンクでは妊婦さんの承諾をもとに、研究用として使われることになります。いずれの場合もも、提供に際して妊婦さんからの費用は一切かかりません。

一方、ご自身の赤ちゃんの将来のために臍帯血を保管したい場合は、民間バンクを選ぶことになります。民間バンクでは臍帯血の保管から、実施可能な病院の紹介、医師への採取器具の手配、採取方法の説明も行っています。

個人的な目的のための保管となりますので、当然有料となりますが、いつどんな時間に出産しても365日対応が可能です。